スポンサーサイト

  • 2010.06.15 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


「ファンに申し訳ない」=JAYWALK所属事務所会見−中村容疑者覚せい剤事件(時事通信)

 バンド「JAYWALK」のボーカル中村耕一容疑者(59)が覚せい剤取締法違反(所持)容疑で現行犯逮捕されたことを受け、所属事務所「フリーウェイ」の知久悟司社長(63)らが9日、東京都港区のホテルで記者会見し、「ファンの皆さまに大変申し訳ない」と謝罪した。
 知久社長によると、中村容疑者は逮捕前日の8日午後11時半ごろまで、都内のスタジオでメンバーと曲のレコーディングをしていた。最近は無断で遅刻することも多かったが、「心当たりはなく、信じられない」と話した。
 芸能界の薬物問題が騒がれた昨年、念のために使用の有無を2回にわたって確認したが、「冗談じゃないですよ」と笑って否定したという。
 JAYWALKは活動休止するといい、解散について問われると、「中村容疑者のいないJAYWALKは成り立たない。もう一度やりたい気持ちはあるが、今の時点では分からない」と話した。
 所属レコード会社「ワーナーミュージック・ジャパン」によると、24日発売予定だった新曲などCD3作品の発売を中止し、発売済みの8作品も店頭から回収するという。 

【関連ニュース】
「酒井法子」「飯島愛」がアジアで愛された理由
〔写真特集〕知られざる塀の向こう側 刑務所の実態
〔写真特集〕違法薬物〜密輸、栽培の実態〜
JAYWALK中村容疑者逮捕=覚せい剤所持容疑
押尾被告の公判前整理始まる=本人が出席

ゆるキャラ「あわじい」は3100歳 兵庫・淡路島(産経新聞)
「ヤミ金融やめていた」初公判で被告無罪主張(読売新聞)
社民「国外」国民新「シュワブ陸上」移設案提示(読売新聞)
<太陽>黒点の「たね」発見 両極に強い磁場(毎日新聞)
普天間、絞り込みに着手=社民・国民新、8日に移設案提示(時事通信)

現金1700万円盗まれる=男逃走、窃盗で捜査−大阪府警(時事通信)

 8日午後2時40分ごろ、大阪府枚方市東香里新町で、集金を終えた近畿産業信用組合の男性職員(50)が乗った乗用車に男が侵入、現金1700万円を盗んで逃げた。大阪府警枚方署は窃盗事件として逃げた男の行方を追っている。 

【関連ニュース】
1000万相当の換金用景品盗難=パチンコ店近くの駐車場
韓国へ捜査員派遣=代理処罰を要請
警察犬「ポール」病死=出動590回、表彰も
公判中の男2人に逮捕状=神戸の貴金属強盗
新田義貞の銅像盗まれる=高さ80センチ、挙兵の神社から

徳之島で移設反対集会、町長が声明読み上げ(読売新聞)
ミニ模型、ストラップ…尼崎市バスのグッズが密かな流行(産経新聞)
「自殺」装い夫殺害容疑、妻ら5人逮捕(読売新聞)
<直嶋経産相>低レベル廃棄物受け入れを 青森県知事に要請(毎日新聞)
JR阪和線、ドア不具合でストップ 1万9千人に影響(産経新聞)

3キロ引きずり死、元ホストが初公判で殺意否認(読売新聞)

 大阪市北区梅田で2008年10月、会社員鈴木源太郎さん(当時30歳)が車にはねられた後、約3キロ引きずられて死亡した事件で、殺人罪と道交法違反(ひき逃げ、無免許)などに問われた元ホスト吉田圭吾被告(24)の初公判が2日、大阪地裁(秋山敬裁判長)であった。

 吉田被告は罪状認否で、ひき逃げなどは認めたが、「事故を起こして頭が真っ白になり、鈴木さんを引きずっていることに気付かなかった。殺意はなかった」と殺人罪を否認。そのうえで、「すぐに車を止めていれば、鈴木さんが死ぬことはなかったと思う。心からおわびします」と遺族に謝罪した。

 検察側は冒頭陳述で、逃走理由について「無免許、酒気帯び運転をしており、発覚すれば別の詐欺事件の執行猶予判決が取り消される恐れもあった」と指摘。犯行直後に現場に戻って鈴木さんの遺体を確認していたことなどを挙げ、「被告が鈴木さんを引きずっていることに気付いていたのは明らか」と述べた。

 弁護側は「若干の違和感は感じたが、人間が挟まっているという認識はなかった」と主張、自動車運転過失致死罪の適用を求めた。

 起訴状によると、吉田被告は08年10月21日午前4時20分頃、同区梅田の交差点で、ワゴン車を無免許運転中に横断中の鈴木さんをはねて逃走。車底部に鈴木さんを引きずっていることを認識しながら同市福島区まで約3キロを時速40〜50キロで走行し、頭蓋(ずがい)骨骨折などによる外傷性ショックで死亡させた、とされる。

 公判では殺意の有無が争点となり、検察側は当時の状況を再現した走行実験の結果をもとに、吉田被告が人を引きずった認識があったことを立証する方針。

 吉田被告は事件後の同年11月5日未明、ミナミのラーメン店にいるところを大阪府警の捜査員に見つかり、逮捕された。

2ちゃんサーバーダウン続く 韓国紙に「大規模サイバー攻撃計画」(産経新聞)
イルカ漁隠し撮り映画、漁協抗議で上映会中止(読売新聞)
<新横浜プリンスホテル>消費期限ごまかし、ケーキを販売(毎日新聞)
ミニ模型、ストラップ…尼崎市バスのグッズが密かな流行(産経新聞)
阿久根市長 「マスコミ入室している」議会出席を拒否(毎日新聞)

被災地の邦人26人無事、残るは7人…チリ地震(読売新聞)

 福山哲郎外務副大臣は1日夕の記者会見で、チリで発生した大地震の震源に近いコンセプシオンに滞在していたとみられる在留邦人33人のうち、26人の無事を確認したと発表した。

 残る7人の安否確認も急いでいるが、「被害にあったという情報はない」としている。

<火災>住宅全焼 認知症の母親と帰省の長男焼死か 長野(毎日新聞)
24歳看護師を逮捕=京大病院インスリン事件−京都府警(時事通信)
<食中毒>ミシュラン三つ星店で 京都(毎日新聞)
自民党さん、日本人は忘れっぽいことを忘れずに(産経新聞)
日本アイ・ビー・エムを強制調査=ニイウスコー粉飾事件−監視委(時事通信)

福島氏、普天間の国内移設認めぬ=阿部氏反論、社民また混乱(時事通信)

 社民党の福島瑞穂党首(消費者・少子化担当相)は4日の常任幹事会で、先に同党が決めた米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)を九州などに移設する案を容認する方針について「問題だ」と述べ、認められないとの考えを表明した。夏の参院選を控え、移設候補地を抱える地方組織の反発を考慮したとみられる。
 これに対し、同移設案をまとめた阿部知子政審会長は「(沖縄)県内移設しか検討されないまま終わっていいのか」と反論。普天間問題での党内対立が再燃した。 

<佛教大野球部>後輩に「金貸せ」から「当たり屋」まで指示(毎日新聞)
津波注意報、すべて解除(産経新聞)
カール・ベーム
「政治とカネ」で協議機関=与野党幹部が大筋一致(時事通信)
<自民幹事長>徴兵制を検討? 誤報で談話撤回(毎日新聞)

整形で逃亡はさせない! 警察庁と美容外科団体が協定(産経新聞)

 警察庁は25日、指名手配容疑者が美容外科を受診した場合に素早く発見、通報してもらえるよう、手配犯の写真や身体的特徴をまとめた手配書を全国の美容外科医院などに常備すると発表した。3月1日から運用を始める。

 顔を変えて別人になりすますという逃亡手口を封じることがねらいで、すでに情報提供に関する協定を「日本美容医療協会」(加盟医師数507人)と「日本美容外科医師会」(同514人)の2団体と結んだ。

 警察庁が指名手配容疑者の写真や身体的特徴を掲載した冊子を作成し、両団体が部内誌に折り込んで関係する医療機関に配布する。

 当初分には、地下鉄サリン事件などで手配されたオウム真理教信者の3人を含む18人を掲載、逮捕された場合など必要に応じて差し替える。

 医師には守秘義務があり、受診者情報を診療以外の目的に使用することはできないが、警察庁によると、目撃した指名手配容疑者を通報することには問題はなく、詳細な情報については公文書で要請して提供を受けるという。

 美容外科をめぐっては、昨年、英国人女性に対する殺人などの罪で起訴された市橋達也被告(31)が、逮捕されるまでの約2年7カ月間、愛知県などの美容外科で手術を受けて別人になりすましていたことが判明。逮捕後の顔立ちが逃亡前に撮影された手配写真と大きく異なっていたことが長期の潜伏を許した一因にとして警察庁が対策を検討していた。

【関連記事】
整形・肉体改造で手配時と“別人” 窃盗容疑の男
木島被告、6度目の逮捕は…婚活相手から四百数十万円
市橋弁護団vs捜査当局、すでに激しい“つばぜり合い”
日本男児もメロメロ 比オカマちゃんの魅力って?
ウッズ顔面骨折してた!妻にアイアンで殴られ

五輪フィギュア 浅田と安藤に大声援 中京大(毎日新聞)
安全委も運転再開容認=停止中の高速炉「もんじゅ」(時事通信)
<合併>神戸新聞とデイリースポーツが3月に(毎日新聞)
津波 国内で最大1.2メートル観測 3万8000人避難(毎日新聞)
朝鮮学校除外「検討」を明言=首相、高校無償化で(時事通信)

<児童ポルノ>警察庁が被害者への支援研修会(毎日新聞)

 児童ポルノ事件で被害を受けた児童に対する警察としての支援の在り方を検討する研修会が25日、東京都千代田区の警察庁で始まった。

 児童ポルノ事件では、摘発する警察と被害児童の居住地が離れているケースも多く、連携のスムーズさが支援内容に影響する。研修会では47都道府県警の支援担当責任者が効果のあった事例を基に意見交換した。

 警察庁の樋口建史生活安全局長は、「被害児童が遠隔地に居住していることが判明した時点で、早期に合・共同捜査の実施を検討してほしい」と訓示。カウンセリング技術の習得・向上など支援担当職員のレベルアップも求めた。

【関連ニュース】
警察庁:美容外科から情報提供協定…整形逃亡事件受け
警察庁:国際犯罪に対策室設置 中・韓と連携強化
人事:警察庁(15日)
人事:警察庁(15日)
コンビニ強盗:景気悪化影響か46%増 警察庁まとめ

八ッ場ダム工事に談合?国交相「調査したい」(読売新聞)
「政治とカネ」自民の追い風にならず 「一人相撲」の審議拒否(産経新聞)
<入試出題ミス>理科で、全員に得点 国立高専(毎日新聞)
<詐欺>TV出演の占い師が生活保護費詐取 容疑で逮捕(毎日新聞)
<放火>男が油まき住宅全焼 夫婦重傷 京都(毎日新聞)

小沢氏の「けじめ」必要=証人喚問も応じるべき−渡部氏(時事通信)

 民主党の渡部恒三元衆院副議長は22日午後、国会内で記者団に対し、長崎県知事選で与党推薦候補が敗れたことに関し、「あんな大差で負けるなんて考えられなかった。どこかで国民が理解できるけじめを付けないと次の参院選は勝てないだろう」と述べ、小沢一郎幹事長の進退を含め「けじめ」を付ける必要があるとの考えを示した。
 渡部氏は、小沢氏の元秘書らが政治資金規正法違反事件で起訴されたことを踏まえ、「政治家の出所進退は、国民が見て『なるほど』と理解するような判断をしないと支持されない」と強調。野党が求める小沢氏の証人喚問については「どういう場面でも潔白であると説明する機会は、喜んで出ていかないといけない」と小沢氏は喚問に応じるべきだとの見解を示した。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件〜「小沢氏、幹事長を辞任すべき」72.5%〜
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
ポスト鳩山を狙う"ラグビーボール"原口総務相
勃発した「藤井一派」vs「アンチ財務省」の暗闘〜経産省と組んだ菅副総理〜

諫早湾開門、白紙で議論を=鳩山首相(時事通信)
【from Editor】「慣用」とどう向き合うか(産経新聞)
京成千葉線で男性飛び込み死亡、1800人に影響(読売新聞)
<詐欺>弁護士を逮捕…接見回数水増し報酬詐取容疑 岡山(毎日新聞)
自動二輪車利用者アンケート実施中…駐車場整備(レスポンス)

【探訪 生物多様性 支え合ういのち】新潟県佐渡市 トキ(産経新聞)

 ■雪降る中“春”の兆し

 「タアータアー」−。

 谷間に響くトキの鳴き声。繁殖期に入った雄が雌を誘おうと声を振り絞っている。雌が反応しないと声はさらに大きくなり、切ない叫びにも聞こえてきた。

 新潟県佐渡市で昨年9月、野生復帰を目指して放鳥された国の特別天然記念物のトキ20羽。その内1歳の雌が海を越え本州に渡ったが、今年1月再び古里・佐渡島に戻ってきた。

 雌の近くには繁殖期を迎えた雄が2羽いる。その雄1羽が猛アプローチ。愛情表現ともいわれる雄が雌に木の枝をプレゼントする「枝渡し」も初めて確認された。

 観察ではこの雄と愛情たっぷりに見えるが、ねぐらやえさ場を共にするのはもう一方の雄だ。

 日本野鳥の会佐渡支部副支部長の土屋正起さんは「雄2羽はやる気満々かもしれないが、雌はまだ若く群れの感覚かもしれない」と考える。

 どちらの雄が選ばれるにしろ、カップル誕生にはもう少し時間がかかりそうだ。(写真報道局 大山文兄)

                   ◇

 ■掲載写真お分けします

 掲載写真を実費でお分けします。問い合わせは、産経新聞社ビジュアルサービスTEL03・3275・8775(午前11時〜午後7時)。ホームページはhttp://www.sankei−syashin.com/

【from Editor】「慣用」とどう向き合うか(産経新聞)
五輪スノーボード 国母も決勝へ 男子ハーフパイプ(毎日新聞)
<陸山会事件>小沢幹事長、07年分の告発も不起訴に(毎日新聞)
厳冬の避暑地、誘客へ秘策 山梨・清里で「寒いほどお得フェア」(産経新聞)
政府が金元工作員の証言を横田夫妻に伝達 旅券偽造問題で招致は?(産経新聞)

元看護師の被告、保険金殺人で死刑回避を訴え(産経新聞)

 福岡県久留米市などで看護師仲間の夫を保険金目当てに殺害したなどとして、殺人などの罪に問われ、1、2審で死刑判決を受けた元看護師、吉田純子被告(50)の上告審弁論が18日、最高裁第1小法廷(金築誠志裁判長)で開かれた。弁護側は死刑回避を、検察側は上告棄却を求めた。判決期日は後日指定される。

 この日の弁論で弁護側は「被告が首謀者だとする共犯者の供述は信用できない。被告は反省し、後悔している」などと訴えた。一方の検察側は「極めて残虐、冷酷な犯行で自己中心的で、医療従事者の誇りも傷つけた。被告が首謀者であることは明白で、罪責は重大」と述べた。

 1、2審判決によると、吉田被告は看護師仲間ら3人と共謀するなどして、平成10〜11年、仲間の夫2人を殺害し、死亡保険金計約6700万円をだまし取るなどした。

 共犯とされた看護師ら仲間3人のうち、2人は実刑が確定。1人は1審判決前に病死した。

【関連記事】
保険金殺人の控訴審判決、広島高裁が控訴棄却
看護師仲間の保険金殺人、来年2月に上告審弁論
群馬の保険金殺人 2審も妻に懲役25年
死刑囚に無期懲役を求刑 茨城の上申書事件
保険金殺人で妻に懲役25年 前橋地裁判決

<大学入試>日大経済学部で採点ミス 93人追加合格に(毎日新聞)
<ホッキョクグマ>さよならママ 双子の送別会(毎日新聞)
ペイオフ見直しせず=中小金融に有利にならず−金融相(時事通信)
<マータイさん>東京で祝賀パーティー 旭日大綬章受章など(毎日新聞)
<ひき逃げ>道路に引きずられた跡 大阪で男性死亡(毎日新聞)

calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
sponsored links
リンク
無料携帯ホームページ
クレジットカード現金化 比較
クレジットカードのショッピング枠を現金化
副業
クレジットカード現金化
クレジットカード現金化 即日
無料ホームページ
現金化
債務整理無料相談
selected entries
archives
recent comment
  • 東北厚生局 職員が開示文書改ざん 情報公開法に抵触も(毎日新聞)
    カナ (08/26)
  • 東北厚生局 職員が開示文書改ざん 情報公開法に抵触も(毎日新聞)
    道隆 (01/02)
  • 東北厚生局 職員が開示文書改ざん 情報公開法に抵触も(毎日新聞)
    まろまゆ (12/19)
  • 東北厚生局 職員が開示文書改ざん 情報公開法に抵触も(毎日新聞)
    ゴンボ (12/15)
  • 東北厚生局 職員が開示文書改ざん 情報公開法に抵触も(毎日新聞)
    夜沢課長 (12/06)
  • 東北厚生局 職員が開示文書改ざん 情報公開法に抵触も(毎日新聞)
    ちんたまん (12/02)
  • 東北厚生局 職員が開示文書改ざん 情報公開法に抵触も(毎日新聞)
    さもはん (11/24)
  • 東北厚生局 職員が開示文書改ざん 情報公開法に抵触も(毎日新聞)
    れもんサワー (11/21)
  • 東北厚生局 職員が開示文書改ざん 情報公開法に抵触も(毎日新聞)
    すぷらっしゅ (11/13)
  • 東北厚生局 職員が開示文書改ざん 情報公開法に抵触も(毎日新聞)
    ぱたぱた (11/09)
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM